理由は、様々。

ちょっと前までは、寝るときにタオルケットを掛けて寝ていて、それでも暑いと感じるようでしたが、最近は、掛けるものがタオルケットだと寒く感じ薄手の毛布を掛けるようになりました。

「ようやく朝や夜は、過ごし易くなったなぁ…。」と、週末限定のベットの上で横になりながら、季節の移ろいを感じる今日、この頃。(普段は、作業部屋で使っているリクライニングチェアに座りながら、気が付くと朝になってるもんで。(苦笑))

今やPCをはじめ、スマートフォンやタブレット端末、テレビや家電、車のオーディオ系、腕時計までもインターネットに接続し様々な利用方法が確立されるようになりました。

この状況に頼りすぎると、ちょっと怖い気もしますが、目的を持って利用できるようになれば、いろいろと生活をより豊かにしてくれます。

私は「使う必要のない方は、無理して使う必要はない。」と、常々思っています。

車もそうですよね。運転免許を取得する人は、昔も今もさほど変わりないと聞きますが、最近、マイカーを持っている人が、特に都内なんかは、少なくなってきていると、何かのメディアで言っていました。

まぁ、都内なんか車で行ったら、当然、お酒は呑めないし(※都内に限らず)、道路は渋滞するし、駐車場料金もかかるし、燃料代、税金を含めいた維持費など、もろもろかかります。急に携帯電話にかかってきた連絡にすら、そのまま出て対応する事ができません。それだったら、網目のように四方八方に広がっている地下鉄や公共の交通機関を利用すれば、ほぼほぼ目的地には行けますし、お酒が呑めないという制約もありません。電波が届いている場所で利用制限がなければ、メールやライン等で対応できなかった着信にですら対応できます。まぁ、気にするのは、終電の時間と通信で使うパケット量くらいでしょうかね。それでも終電も泊るところをなんとかすれば、なんとかなるし、パケット量もフリーwifiを使うとかという逃げ道もあります。

それに、どうしても必要な時にはタクシーもあるし、何なら最近は、運転免許さえあれば、コインパーキングにクレジットカードで借りられるレンタカーなんてのもありますし。

ちょっと、車での例えで長くなりましたが、車でいうところの「運転できるようであれば」と同じで、利用するのに資格こそありませんが、「使えないから、使わない」ではなく、「使えるけど使わない」というスタンスでいて欲しいと、思っています。

「使えるようになる」の理由なんて、人それぞれです。

まずは、何でもいいので「つかう目的」を決めてください。

一つでも目的をもって使い始めれば、必ず、使えるようになりますし、一つの目的が達成された時に「使えないから、使わない」では、なくなります。

昔の言葉で「60の手習い」という言葉があります。

実際に、会社勤めを終えてから始める方も大勢います。初めは、趣味の情報管理が目的で始められた方が、使っているうちにセカンドライフのちょっとした小遣い稼ぎをするようなったりという方もいたりします。

理由は、様々ですが、使えるようになって損は、ありません。

機会があれば、トライしてみてください。

私たちも微力ながら応援致します。

長くなりましたが、今日は、ここまで。

では。

2020年10月4日 | カテゴリー : つぶやき | 投稿者 : HP管理者